数字音痴のダメおやじが目指す年収1,000万円への未知(FX 初心者 ブログ)

数字音痴のダメおやじがFXに手を出そうと思ってからのあれこれを愚痴ろうと思います。愚痴が少なくなるように頑張ります。

おすすめな高勝率エントリーポイント紹介

え~、運にも見放されているダメ親父と心の中に潜むケチ親父です。




昨日ですが、デモトレから再出発すると宣言しましたが、


相場は無情です。



早速高勝率ポイントがやってきました。



実トレ口座には資金がないし、デモ口座でエントリーしても資金は増えないし…


ですので、ただただ眺め続けました。



ただ眺め続けてももったいないので、画面をキャプチャーしながら色々と記録する事にしましたので、皆さんにもご紹介しますね。



私の中では鉄板ポイントってやつです。



ポイントは小さなコマ足が連続してから、緩やかにカーブを描きながら徐々に加速するように下落を開始する所です。


長い下ひげが出ている先端までの1回目の下落で20pipsくらいあります。


1時間足だとどういう場面かというと



1時間足・4時間足で144MAで抑えられています。
※黄色い水辺線もレジスタンスになってます。


1回目の画面キャプチャするのが遅くなった理由は、
15分足の144MAと1時間足の21MA付近で反発して、
急上昇してしまう可能性もあったので、様子をみてたからです。



前回の下落の場面では約9時間もみ合い、今回も6~7時間もみ合っています。


こういう場面は、高ロットでエントリーしたい最高の場面です!


しかし、デモ口座宣言したダメ親父は、指をくわえて眺めるしかありませんでしたけどね…



運がないぞぉ~(>_<)



で、何処まで下落したかというと、


○黄色い水平線(サポートライン)
○下からの伸びている日足でひいた赤のトレンドライン


のあたりまでしっかり下落していました。



15分足のGMMAチャートの長期の青ラインを確認して、
上昇から下降に反転して拡大を始めてからエントリーしたら、
さらに勝率は高くなると思います。(利幅は狭くなりますが)




だいたい60pipsくらいとれた場面ですが、
何度も言うように運にも見放されたダメ親父は、じっと眺めていましたよぉ~。
途中で入金して飛び乗らなくなったので、少しは成長していると納得しましょう!




では、ダメ親父の考える高勝率ポイントのおさらい



○長時間足でしっかりと抑えられて、数時間もみ合っているポイント
○緩やかなカーブを描きながら下降を開始したポイント
○移動平均線がクロスしてからの緩やかな開き具合



ダメ親父は人の言うことを聞かないタイプなので、移動平均線の設定も人とは違うとは思いますが、ダメ親父はフィボナッチ関数で設定しています。



赤13(ドル円は8) 黄色21 青144



今日は、ポンドルが綺麗なWトップを作っています。


したから伸びている赤い日足のトレンドラインを突破すれば、ギューンと下落していくと予想していますが、はたしてダメ親父は、実トレ口座に入金してエントリーするのでしょうか?



なんかテンションが落ちちゃってるんですよね…



ユーロ円もオージードルも午前中にひと上昇ありそうな気配が…



でも、テンションが落ちちゃってるんですよね…



皆さん頑張ってチョンマゲ!